不妊治療は婦人科で受けよう|幸せはお腹の中から誕生

婦人科で行われる検査

医者

大阪の婦人科では、不妊治療の一環として卵巣機能を調べる検査が行なわれています。この検査では血液検査やエコー検査などが用いられます。費用は自己負担となりますが、症状によっては保険が適用されることもあるのです。

詳細を確認する...

不妊の原因を知って改善

卵子

排卵誘発剤は不妊治療の最初に用いられる薬剤で、不妊の原因になる高いプロラクチンの値を下げる薬・視床下部や脳下垂体にあるエストロゲン受容体に結合して卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの産生を高める薬などがあります。

詳細を確認する...

不妊治療の特徴

夫婦

京都で不妊治療を扱っている婦人科の特徴として、治療実績が多いクリニックが多数あるため初めて来院する場合でも場所選びに不便しないです。また不妊で悩んでいる夫婦やカップルは100万組み前後いるとされています。

詳細を確認する...

不妊治療と費用

不妊治療について

カウンセリング

不妊治療は夫婦二人で共に克服しなければいけない問題です。 こうした中、不妊治療のために病院に訪れる方は、以前は女性が圧倒的に多かったのですが、近年は男性とともに来院される方が多くなっています。 これは近年の晩婚化及び晩産化から共に不妊治療を克服しようとする方が多くなっているからです。 男性にも不妊の可能性があるとされてから、この傾向は増えています。 これは日本だけではなく、他の国に住む方も一緒です。 確率的に約2割から3割は、男性側の可能性であるとされています。 こうした原因を調べることで、改善点を直しながら、治療することで、早く不妊治療を終了される目的です。 原因がわかれば、その箇所を改善すれば良いだけで、解決することなのです。

治療費について

不妊治療は長い期間かかる場合もあります。 そうなりますと費用もかさむことになります。 こうしたことから、まずは不妊治療が必要なのかどうかという点が問題となります。 夫婦生活を始めて、避妊をせずに性交を二年続けても、子供ができない場合は、不妊治療が必要とされています。 この基準から、治療が必要かを考えられても良いと思います。 また、かさむ費用については、お住いの市役所などで不妊治療にかかる費用の補助もあるところもありますので、このような制度は活用することにしましょう。 不妊治療を行うには、制度利用など、様々な援助があります。 調査をしながら、費用面についても、できるだけ負担にならないように行うことをお勧めします。